財団法人ハーモニィセンター その1

留学支援を仕事として、12年弱
累計1000名以上の方の留学をお手伝いしてきました

顧客データを見返しても、「あれ、誰だっけ?」なんて方は一人もいなく、名前を見ればすぐに「いつ、どこの国のどの学校に行ったか」などを思い出します

一人ひとり、思い入れの深い方ばかりです。


その中でも、強く深く印象に残っている子が、能村桃子ちゃん

---
高校1年の夏休みに「教師宅ホームステイ」を経験し、その後、「アメリカへの想い」から高校2年の7月に日本の高校を中退。同年9月からシアトルのコミュニティカレッジに入学し(高校修了プログラム)、1年半でコミュニティカレッジを卒業(短大卒業の資格と高校卒業の資格を取得)。その後ワシントン大学の3年次に編入し、わずか1年3ヶ月ワシントン大学を卒業。その間、3ヶ月のカンボジア留学も経験。

高校中退後、わずか2年9月で大学を卒業した。卒業した当時はまだ二十歳にもなっていなかった。ものすごい「飛び級」だ。。
---

http://www.ajinternational.jp/experience.html
桃子ちゃんの留学体験記(短期)↑


はじめて桃子ちゃんに会ったのは、彼女がまだ15歳の時

礼節といい話し方といい、15歳とは思えない程しっかりしている子でした

大半の質問は桃子ちゃん本人がして、同席したお母さんは、ただニコヤカに座っているだけ

短期の「教師宅ホームステイ」を終えた後、桃子ちゃんは日本の高校を辞めることを決意

お母さんは「私、高校の父母会の役員をやっているんですよぉ。辞めるって言いづらいですねぇ」と、ここでもニコヤカ

高校を辞めることに、咎めることも躊躇も無く、親御さんの心配事と言えば「英文成績証明書を出してもらえるか」ぐらい。娘(桃子ちゃん)の言うことを100%信頼し、全力でサポートする。こんな親子関係ってすごい・・


桃子ちゃんの行動力と自立心、物事への取り組み方には、当時から感服していました
何よりもキラリと光るものが、まぶしいぐらいでした

「お母さん、桃子ちゃんをどう育てたんですか?僕も将来は親になるでしょうし、娘が出来たら桃子ちゃんのようになって欲しいです!」

当時、自然に出た言葉でした。

お母さんは、「別に特別なことは何も・・あえて言うなら、乗馬ですかね。」

「「財団法人ハーモニィセンター」という団体があって、子ども達で行くキャンプがあるんです。親は行きません。桃子はハーモニィのキャンプが好きで、小さな頃からずっと参加していました。で、あんな感じになりました(笑)」

もちろん日ごろの子どもとの接し方次第とは思いますが、ここで聞いた「財団法人ハーモニィセンター」の話が、ずっと心の中に残っていました。

今から7年も前に聞いた話です。

親元を離れ、自然の中で送る集団生活
馬を通じて、共に成長するキャンプ

ハーモニィが掲げる教育理念に痛く共感し、いずれ「子どもを持ったら挑戦させたい」と思い続けてきました
(つづく)

P3020026.jpg
19歳の時の桃子ちゃん。ワシントン大学卒業間近。
ワシントン大学・ブックストアカフェにて、進路相談。


財団法人ハーモニィセンター
http://www.pony-harmony.com/
最新記事
プロフィール

岩崎宗仁

Author:岩崎宗仁
1975年生まれ O型
神奈川県 相模原市出身

小さい頃の夢はパティシエ。幼稚園の頃からピアノも習い、こう見えてメルヘンチックな部分もあります。他方、野球部ではキャプテンを。本気で甲子園で投げる自分を想像したり・・

肘を壊して空手に転向。団体競技から個人競技へ。「強いってどんな気持ちだろう?」小学生時代はよく風邪をひいていたし、怪我も多かったし、精神的にも弱い自分を克服したい思いが強かった。(克服できたかは疑問。。)

「中学を卒業したら、大阪の辻製菓専門学校に行く」と決めていたものの、中3になって「入学は高卒以上」という一文を発見。しぶしぶ高校へ。高1の夏、親に頼み込んで4週間のニュージーランド留学&ホームステイに行かせてもらう。これをきっかけに海外に開眼。考えてみれば、自分が「やりたい」と言ったことは、なんでもやらせてくれる親だった(感謝)。なにしろやりたいことをやった。好奇心の赴くまま。「やるなら今しかねぇ!」の長渕剛がテーマ曲。

学生時代は、長い休みを使っては海外へ。世界20数カ国を一人旅。ヒッチハイクや野宿が特技となる。川を見つけると喜んだものだ。「体洗える!洗濯できるぞ!」って。

幼少期は勉強は大嫌いでした。でもある時から目覚め、結局大学院まで行きました(米国ワシントン州・MBA)。


大学院留学を終え帰国した翌年、25歳の時に、「ヒトと世界をつなぐ」「ヒトと社会をつなぐ」べく、2001年2月に起業。現在はAJ国際留学支援センター、AJ国際高等学院、アンビシャスジャパン留学センター(日本留学事業部)を運営しています。

2016年2月、おかげさまで15周年を迎えました。


AJ国際留学支援センター
AJ国際高等学院
AJネパール(ネパール法人 日本語学校)
アンビシャスジャパン留学センター(日本留学事業部)

NPO留学協会 理事

留学協会認定留学アドバイザー
British Council公認留学カウンセラー
Education NewZealand認定 スペシャリストエージェント

☆☆☆

管理や応対に全く自信がありませんので、申し訳ございませんがコメントやトラックバックはお受けしておりません。

当ブログに関してのご意見ご質問等は、直接E-mailにてお送り下さい。


e-mailiwasaki.jpg

BlueforTOHOKU.jpg
 株式会社 AJは、「BLUE FOR TOHOKU」をサポートしています。
Blue For Tohoku

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
Since Jan 2010
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示